高校を中退した“乙女”のブログ

高校を中退した15歳の日常などを綴るブログです

高校を中退した私の本音。

なんだか書きたい気分なので、
一人称も「私」で書いていきます。

私は高校を中退しました。
クラス内外に仲が良い人はいましたが、クラスは好きではありませんでした。


中3の6月。
私は急に朝起きることができなくなりました。


遅刻や欠席続きでそのまま中学を卒業して、志望していた高校に入学。最初のうちは環境が変わったからか、緊張からか毎日登校できていました。
でも、5月くらいでしょうか…
私はまた、急に朝起きることができなくなりました。


中学と違い、遠いところにあって通学に時間とお金がかなりかかります。当然、両親も学校に行かない日はとても怒るようになりました。
欠席しているうちにクラスメイトとの関係も歪んでしまい、いつの間にか、登校した時の雰囲気が嫌で嫌で仕方がなくなりました。


その精神的苦痛が原因かは分かりませんが、私は朝全く起きることができなくなりました。


最初は低血圧かも、自律神経失調症かもと思われました。ですが、内科へ行っても違うと言われます。
一度は心療内科にもかかりましたが、ショックを受けておかしくなっていたのは母の方で、母が泣きながら一部始終を話して終わりました。お金と時間の無駄でした。


ですが、その後また総合病院の心療内科にかかりました。カウンセラーとの話は前回と同じで、母だけが話し続けました。
自分で言うのも”なん“ですが、私は口が達者でよく喋ります。うるさいくらいです。それなのに母が喋り続ける必要は全くありません。
きっと母は私のためと言って、自分の心が軽くしたいだけだったのでしょう。
診療結果は、精神面とは関係がないので睡眠障害の可能性を考えろ、でした。
当然です。私は喋っていません。


そのまま県外の睡眠の科がある総合病院へ。
精神科の先生に診てもらいましたが、また喋るのは母1人です。
意味があるのか分からないながらも何度か通院を重ね、調査などをし、私は睡眠障害の一つである
「非24時間睡眠覚醒症候群」と診断されました。
(詳しく知りたい方はこちら https://ja.m.wikipedia.org/wiki/非24時間睡眠覚醒症候群)


そこからもう高校を中退して暇だった私は、すぐ入院。
光療法と眠剤による治療が始まりました。


母親から離れ、毎日自由に過ごせる日々。
重い病気にかかったわけでもない私は、どこかわくわくしていました。
入院期間は2週間。あっという間でした。
そして私は、毎日8時までには起きられるようになりました。治療は成功でした。


治療が成功して、毎日普通に過ごせるようになると、やっぱり私は自分が不憫に思えました。


私だって普通の女子中学生と同じに、高校生やJKに憧れていました。
授業をサボってみたり、放課後はカラオケやファストフード店に行ったり、プリをたくさん撮ったり、恋をしたり。
当たり前に憧れて、当たり前になるはずだった日々が当たり前ではなくなってしまいました。


毎日毎日、起きて食べて寝る日々。
自分で決めたとはいえ、不幸だなと思いながら毎日を過ごしました。


毎日、小さな幸せを拾ってそれを大きくして人に見せびらかす。
それで私はなぜか満たされました。
おばあちゃんが買ってきてくれたケーキを食べたことを、台風で休校になった友達と遊んだことをSNSにアップして見せびらかします。
私はまだ大丈夫だと、みんなと同じように幸せだと自分に言い聞かせるんです。


でも私の周りには、それすら許さない人がいます。学校サボって何やってんのとか恥ずかしくないのとかよく聞いてきます。羨ましいとも言われます。


そう言う人たちは考えたことがあるんでしょうか?


不幸な奴が小さな幸せを見せびらかすのも許せないのでしょうか?
自分たちの方が幸せなのに、それだけじゃ飽き足らず わざわざ不幸な者を貶めないといけないのでしょうか?


私は不思議でたまらないです。


高校を中退して、後悔しているのか分かりません。
でも中退したおかげで早く入院して治療ができたのでよかったのかもしれません。
でも結局、治ってしまったら不憫なだけでした。
私はどうするべきなのでしょうか、、、


「余命10年」を読んで。

はじめましての方もそうでない方も

乙女のブログへようこそ✨✨


今日は
小坂流加著作の「余命10年」
について書いていきたいと思います。


「余命10年」とは

二十歳の茉莉(まつり)は、数万人に一人という不治の病にたおれ、余命は10年であることを知る。笑顔でいなければ、周りが追いつめられる。何かをはじめても志半ばで諦めなくてはならない。未来に対する諦めから、死への恐怖は薄れ、淡々とした日々を過ごしていく。そして、何となくはじめた趣味に情熱を注ぎ、恋はしないと決める茉莉だったが……。衝撃のタイトル。衝撃の結末。涙よりせつないラブストーリー。
(裏表紙より)


タイトルの通り、余命10年の女性が精一杯生きていく様子を描いた小説です。
結論から言わせていただきますと、
もっと多くの人に読んでもらいたい小説です。
とても良い作品なので是非読んでください!!


「余命10年」を読んで

私がこの小説を手に取ったのは、家から一番近い書店でランキング順に小説が並べてあるコーナーでした。
ちょうど、サイコパスの痛快な小説を読み終えたばかりだったので、感動して泣けるような小説が読みたいと思っていました。
この小説を手に取ったのは、タイトルと帯からわかる絶対に感動で泣けるという理由でした。
泣けそうなら携帯小説でもいいとさえ思っていました。


そんな私の目を引いたのが、太字で書かれていた一番最初の章の最後の文でした。


「あと10年しか生きられないとしたら、あなたは何をしますか。
長いと思い悠然と構えられますか。短いと思い駆け出しますか。
あと10年しか生きられないと宣告されたのならば、あなたは次の瞬間、何をしますか。」


誰にでもかけるありがちな言葉と言われればそうですが、私の心には重く響きました。
このように、余命10年を生きる心情を綴る文章が各章の最後に必ず太字で書いてありました。


読後、このリアルな描写に、呼びかけるような太字の文章に、私は本当に気持ちが溢れてしまい著者の方になんとかこの気持ちを伝えたいと思いました。
私はちゃんと著者の紹介文を読んでいませんでした。

このリアルな描写は、当事者だからこそかけた文章だったのです。
作者さんは主人公と同じ病気にかかり、10年前の2007年6月1日にこの小説を単行本として刊行。10年後の2017年5月15日に小説を文庫本として編集するも、それ以前2017年2月に亡くなってしまいました。
私はなぜこの10年の間にこの本に出会えなかったんだろうと思いました。出会えていればこの気持ちを作者さんに伝えられたのに…
他の方のブログを読んでも同じように書かれていました。


まとめ

私のように、感動したい!泣きたい!という軽い気持ちの方はもちろん、普段は違うジャンルを読んでいる方や前向きになりたい方にもオススメできます。
…というより、この本はこれから生きていく上で読むべきだと思います。


もしも、天国に声が届くのなら私はありがとうと言いたいです。
私はブログのタイトル通り、高校を中退しています。今はまだ未来へのプランもちゃんとしていないし、親のお金で生活している状態です。
私はこの生活にいつの間にか満足していました。
寝て起きて食べて寝て起きて…の繰り返し。
そんな日々は退屈だけれど、完成していました。
でもいつ、死んでしまうか分かりません。
今この瞬間にも地震が来て、2階が落ちてきて押しつぶされるかもしれません。


私はこの小説を読んで、将来のためにすべきことがいっぱいあるな…と思いました。
完成した退屈な生活もいいですが、やっぱり自分の力で生きていきたいです。
私に気付かせてくれて、前向きな気持ちにしてくれてありがとうございました。

Harry Styles の全て【2017年最新版】

はじめましての方もそうでない方

乙女のブログへようこそ✨✨

今日は乙女が愛してやまない(´ω`❤)
Harry Styles”(ハリースタイルズ)
を紹介していきたいと思います!

これで今日からあなたもDirectioner?!( °_° )
(Directioner は One Direction のファンの名称で、
ダイレクショナーと読みます)


Harry Styles ってどんな人?

Harry Edward Styles (ハリーエドワードスタイルズ)は、
イギリスの超人気ボーイズグループ
One Direction (1D) のメンバーの1人です。
(2016年3月から2017年10月現在まで活動休止中)


Harry のプロフィール

◯本名: Harry Edward Styles
(ハリーエドワードスタイルズ)
◯誕生日:1994年2月1日 (23歳)
◯生まれ:England Worcestershire Redditch
(イングランド ウスターシャー レディッチ)
◯身長:177、178cm
◯瞳の色:グリーン
Twitterアカウント:@Harry_Styles
Instagramアカウント:harrystyles


Harry の今まで

Harry Edward Styles は1994年2月1日に
England Worcestershire Redditch でアンとデズモンドの間に生まれ、姉にジェマがいます。
7歳の時に両親が離婚。すぐまた母が再婚しました。


(Harry の母 Anne)


(Harry の姉 Gemma)


England Cheshire Holmes Chapel で育ち、
Holmes Chapel Comprehensive School という学校に通っていました。


Harryは14、15歳の時から、W Mandeville bakery
というパン屋さんで2年半働いていました。

学生時代は「White Eskimo(ホワイトエスキモー)」というバンドを組んでいました。
White Eskimo はある結婚式で演奏をしたこともあるそうです。

そして2010年4月10日、16歳だったHarry は
イギリスの大人気オーディション番組「The X Factor」
の第7シーズン ソロアーティストオーディションに参加しました。
Stevie Wonder の Isn’t She Lovely をアカペラで歌いました。

https://www.youtube.com/watch?v=i0rvy53t_Oo&feature=share

(Harry のオーディション映像 日本語字幕付き)

結局オーディションに勝ち残ることはできませんでしたが、2010年7月23日。
オーディションの審査員をしていた Simon Cowell
(サイモンコーウェル) の提案により、同じくオーディションを受けた
Louis Tomlinson,Niall Horan,Liam Payne,Zayn Malik
(ルイトムリンソン、ナイルホーラン、リアムペイン、ゼインマリク)
と共にグループを結成することになりました。それが One Direction (以下1D)です。


(左からNiall,Liam,Harry,Zayn,Louis)


現在のHarry

Harry は1Dとして、2016年3月まで活動。
現在は活動休止中で、メンバーそれぞれがソロ活動などを行なっています。
(Zayn は2016年3月に1Dを脱退。現在はソロ活動中)


Harry は俳優として、今年の9月9日に公開されたクリストファーノーラン監督の「ダンケルク」にも出演しています。


他にもソロとしてのアルバム「Harry Styles」をリリースしたり、ワールドツアーをしたりもしていて、今年の12月と来年の5月には来日公演も決定しています!!

(ちなみに乙女は5月の公演にぼっち参戦します…)


HARRY STYLES

いかがだったでしょうか?
One Direction の Harry Styles
乙女としてはソロで活躍してくれるのも良いのですが、早くまた1Dみんなで揃っているところをみたいな…
と思っています(´;ω;`)

1日でも早く活動を再開してくれるように祈りながら、5月にHarryが見れるのを楽しみにしている乙女でした!

ここまで読んでくれてありがとうございました(*_ _)



新しい投稿について。

読書の秋ですね🍁

はじめましての方もそうでない方

乙女のブログへようこそ✨✨


乙女は読書が好きです。
季節は特に関係なく、いつでも読書をしています。

そこで!!
新しく読んだ本についての投稿をしたいと思います。

書店で購入した新しい文庫本から、
図書館で借りた古い単行本まで、
幅広く私が読んだ本を紹介していきたいと思います。

感想や(素人なりの)評価をしながら、
書く力も培っていきたいと思ってます!

不定期に投稿するので、お楽しみに〜

学校に通わずに勉強をする

はじめましての方もそうでない方も

乙女のブログへようこそ✨✨


今日は、
学校には通わず
自宅で勉強をすること

について書きたいと思います!

今、乙女は高校中退したので学校には行っていません。
ですが、ほどほどな学歴は持ちたいと考えています。
そして留学をしたいとも考えています。


家でどんな勉強をしているの?


乙女は前ブログに載せた教材や、高校入学の際に購入した教科書などを使って高校英語で習う文法などを習得しようとしています。
それと、オンライン英会話もやっています。

英語でなくても教材はありますし、オンラインでの授業はなくとも、授業動画を観れるアプリなどがあります。
24時間体制で質問を受け付けてくれるサイトもあるようです。
それに、何もオンラインのみでなくていいんです。学習塾に通ったり家庭教師に教わったりという方法もあります。


まとめ

高校を中退したからといって、勉強が全くできなくなるわけではありません。
ある程度単位を取ってから中退していれば(私は単位もありませんが)、復学や転校などをすることもできます。高認を取れば大学受験だってできるのです。

少しでも、勉強をしたいという気持ちがあるならちょっとずつでいいので自宅学習を始めてみましょう!!


今週のお題「行ってみたい場所」

今日は、今週のお題について
書こうと思います。


はじめましての方もそうでない方も

乙女のブログへようこそ✨✨


乙女が死ぬまでに行きたいと思う実在している場所は、ウユニ塩湖です。

ウユニ塩湖とは

ウユニ塩湖というのは、ボリビアにある超有名な
人気観光地です。
塩湖というのは、塩水でできた湖のことで
12月〜3月くらいの雨季になると鏡にようになります。

この風景は「天空の鏡」と呼ばれていて、とても綺麗だそうです。


どこが空との境目か分からなくなるほどの絶景。
死ぬ前には見てみたいです。

ちなみにこれは乙女の予想なのですが、
東京喰種のアニメオープニングで
金木くんが椅子に座っているシーン

これもウユニ塩湖なのではないかと思っています…


皆さんの死ぬまでに行ってみたい場所はどこですか?





高校を中退してからすべきこと

高校を中退したけれど

これから何をすればいいんだろう?

これが今の乙女の正直な気持ちです。

 

はじめましての方もそうでない方も

乙女のブログへようこそ✨✨

 

 

今回は高校中退した乙女がしていること、しようと思っていることをまとめていきます。

 

身体を整える

f:id:zooora_styles:20171018133431j:image 

まず大切なのは身体を整えることです。

 高校中退にはたくさんの理由があると思いますが、その一つ「一身上の都合」の場合まずはその理由を排除しなくてはなりません。

 

 

目標を決める

f:id:zooora_styles:20171018133524j:image 

次に目標を決めることです。

  目標といってもそんな大きいものでなくていいんです。例えば、「今日は家の掃除をする」「今日は2時間運動をする」などでいいんです。でもそれを必ず達成しなければなりません。そこに意味があるからです。

 

 

自分について考える

  f:id:zooora_styles:20171018133648j:image

これが恐らく1番大切なことです。

  自分にわかるように状況を整理することが大切です。

  1. 自分はなぜ高校を中退したのか
  2. 自分は今なにがしたいのか
  3. 自分は将来なにがしたいのか
  4. それのために何が必要か

  この4つでいいんです。もし高校を中退した理由が分からず、今何がしたいのか分からないのであればバイトか復学かを考えましょう。

  何かに触れていれば、必ずしたいことややりたいことが見つかります。

 

 

この3つのことをすると、大体自分がわかってきて何かに手をつけているはずです。

 

乙女の場合

昨日まで入院して治療をしたので

生活リズムは元に戻り、身体は整いました。

 

目標と言われても特に思いつかなかったので、まずは気分からと思い、本を2冊購入しました。

f:id:zooora_styles:20171016124554j:image

見ての通り、料理の本と勉強の本です。

これで身近な目標は決まりました。

 

そして最後、自分について考えるということです。乙女は、自分がこの高校に通って何がしたいのかが分からず中退しました。(もちろん身体的理由で登校できていないのもありましたが)

今は何がしたいのかわかりません。

ですが、乙女は近い将来に留学をしたいと考えています。なのでそのためには、程々の英語力と留学に行くだけのお金が必要です。英語力を取得するにも教材を買ったり、塾に行ったり、結局はお金が必要になります。

なので乙女はバイトを始めようかと思います。まだ家に帰ってきたばかりなので、安定してからバイトを始めるつもりです。

 

 

まとめ

つまり、この3つのことをするだけで前向きにすべきことを見つけられます。

まずは「自分について知る」それが大切です。もし高校を中退して困っている人がいたら一緒に頑張りましょう!